サロンの技術練習を朝練のみに移行した結果は?

みなさん、こんにちは。
代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

蒸し暑さが倍増しています。
ゲリラ雷雨も多発しているようです。
ご注意くださいませ。

今日は10日。
Splashの給料日です。
今月も滞りなく社員に給与を渡せて、一安心しているところです(^^)

 

●夜練習禁止

Splashは営業時間外の個人レッスン(技術練習など)を夜に行うことを禁止して朝型にシフトしています。

朝練のみにシフトして既に数年経過しました。

※朝練と夜練のどちらが良いか。これには賛否両論あるので、ここでは善し悪しに関してではなく、単純に結果だけを書いてみます。

 

●朝練のみに移行した結果

■営業時間開始直後にスタッフ達の精神的コンディションが良好

■朝練で1時間〜1時間半程度、手を動かしているので施術のウォーミングアップがバッチリ

■長時間の練習時間が取れないので「ここで覚えなければいつ覚えるんだ!」くらい集中して短時間練習するので覚えが良い

■夜は比較的早く帰れるので、営業の疲れを翌日まで持ち越さず、スタッフたちが超健康的

そして何より、離職率が低くなりました。

更に年々売り上げも上がっています。

 

●やる気があるにも程がある

ところが!

私の目を盗んで、こっそり夜練するスタッフが続出しました。

しかも、夜練習している写真をSNSに平気で投稿しています。

私は「夜練は禁止ね!」と何度も言っていますが、それでもコッソリ夜練をしているようです。

やる気があるにも程があります(笑)

 

営業で疲れた時などは、練習なしで早く帰れると思えるだけでも、心に余裕ができるのかもしれません。

 

●年内にはこっそり定休日を週二回にしようかと

一般的なサロン営業では、火曜日(または月曜日)の定休日にプラスして、各スタッフがシフト制で月に1〜2回の公休日をとり、月6〜7休にしているサロンが多いようです。

Splashの定休日は、火曜日と第1第2第3水曜日です。

考えてみると、一週間のうち二日間も定休日として店を閉めてしまうことに、最初は躊躇がありました。

ついつい「日銭の売上げ」を意識してしまったのです。

 

しかし、週二回の定休日の一日は、スタッフたちは自主的にサロンへ来て2〜3時間の練習をしています。

私が「休む時はしっかり休みなさい」言っても「ちょっとでも練習をしたいです。」と休日でもサロンへ来ます。

松下幸之助ではないですが、スタッフ達は「週休二日の一日は教養、一日は休養」を自然と実践しているようです。

年内には、こっそり完全週休二日にしようと、私一人で企んでいます。

 

●隙間を創るとは伸び代を創る

売上げ重視の経営的観点から人材育成した場合、肉体的に無理がきくうちは、やれ効率化だ。やれ生産性だ。と時間の隙間を埋める事に重点を置く傾向があります。

人は誰しも肉体的に老化しペースダウンするものです。

スタッフに長く働いてもらい、しっかり成長してもらうためには、時間の隙間を埋めるのではなく、隙間を創るコトに重点を置くと良い。と実感しています。

時間の隙間を創るとは、スタッフ達の人間的な伸び代を創ると同義です。

心の奥行き、心の深さを創るのです。

 

 

いつもスタッフ全員の練習スケジュールを組み立ててくれているtomone店長、佐野由梨子、木村由里香にも感謝しています。

Splashは街の小さなサロンですが、スタッフの離職や売上減の悩みがなく、日々スタッフ一丸となって、お客様の心に目を向けられる営業ができていることが、最大の良い結果だと感じています。

それでは、また。

 

いいね!シェアで共有

私を困らせるスタッフがいました

みなさん、こんにちは。
代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

少し天気が悪いですね。
夏休みの子ども達にはちょっと残念な天気です。

 

人それぞれに変化のタイミングがあります。
周りの人間が変化を促すことはできません。
本人が「変わりたい」と心から思い、行動に起こした瞬間から変化が起きます。
自分が変わると世界が変わると自覚した時から、現実は良い方へ動き始めます。


●いつも消極的だったスタッフ

「小林さん、お話があるんですけど・・・」
そう言って、たびたび私を困らせるスタッフがいました。

そのスタッフは、スプラッシュに入店した頃から、先輩達に注意されても
「すみません、、わかってはいるんですけど・・・」といつも消極的で、何をやるにも自信が無く、少し注意されるといつも焦ってしまい、本来のチカラを全く発揮できませんでした。

 

●一年生の頃の話

春にスプラッシュに入り、挨拶、掃除、サロンでの所作などを覚え、シャンプーの練習に入りました。

しかし、一向に上手くならずに春が過ぎ、梅雨になり、夏になって、お盆休みの前にやっとシャンプーが合格するほどの不器用さです。

ブロースタイリングやパーマのロッド巻きの練習も不器用。

試験もなかなか合格せず、何度もなんども落ちていました。

その度に、また落ち込みます。

 

●本人の心に届いたアドバイス

数年が経過して、そのスタッフはスタイリストになりました。

カットも上手だし、お客様の要望もしっかり聞いて、優しくて感じが良いと人気が出ました。

後輩からも慕われて、スタッフの中でも中心的存在としてサロン全体の雰囲気作りに貢献しています。

 

しかし、本人の中で「自信がない」という漠然とした不安な気持ちがありました。

何をやっても「すみません、、わかってはいるんですけど・・・」と言っていた入店当時の不安な気持ちが蘇るのです。

 

私は、何度もなんども本人と話しました。

「君にしかできないことがある」

「自分が変われば世界が変わる」

「自分の心の立ち位置で現実の見方が変わる」

「大丈夫、大丈夫」

「たとえ家族でも、他人のことを考える前にもっと自分のことを大切にしなさい」

 

私がアドバイスしても、行動に起こすまでにはなっていませんでした。

時には私もこっぴどく叱ったこともありますし、かなり厳しく指導したこともあります。

しかし、なかなか行動に結びつきませんでしたが・・・

本当は本人の心に届いていました。

 

●私の目を真っ直ぐ見て

数年が経過したある時、そのスタッフは私に言いました。

 

「私はいま本当にワクワクしています。

Splashに入ってからずっと小林さんが言い続けてくれた事をいまやっと実感してますし、本当に私は変わりたいです。

私は変わります!」

 

佐野由梨子は、私の目を真っ直ぐ見て、そう言いました。

 

●愛溢れる指導

佐野由梨子もSplashに入店して、今年で11年目です。

Splashにご来店していただいたお客様ができる限り快適に過ごせるよう、tomone店長といつも話し合いながら行動してくれています。

 

今では後輩たちへの指導にも熱が入ります。

自分が悩み苦しみ、苦労した分、今は後輩たちの気持ちを充分に理解して愛溢れる指導ができるようになっています。

 

 

人それぞれに変化のタイミングがあります。

周りの人間が変化を促すことはできません。

本人が「変わりたい」と心から思い、行動に起こした瞬間から変化が起きます。

自分が変わると世界が変わると自覚した時から、現実は良い方へ動き始めます。

世の中もそうかもしれませんが、サロンの中は常に変化していきます。

有為転変は世の習いとか、諸行無常って言いますよね。

変化変滅すること自体が成長している証なのです。

変化こそ安定なり(^^)

 

それでは、また。

いいね!シェアで共有

現実は『ごっこ遊び』だと思ってごらん?

みなさん、こんにちは。
代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

子ども達が夏休みになり、サロンもいつもと違う雰囲気です。
平日でも朝からキッズのお客様が多数ご来店していただいて、夏休み感満載です。


●私のお説教

月に一度か二度程度、スタッフ達を集めて強制的に私の話を聞かせることがあります。

お説教です。
(お説教と言っても怒っているわけではありません。教え諭しているのです。)

普段、個人個人に話している内容を全員で共有します。

 

今回の話は「持越し苦労と取り越し苦労」と「気の無駄遣い」の話でした。

 

●持越し苦労と取り越し苦労

持ち越し苦労とは、

「あの時は失敗しちゃったから、きっと今回も失敗するに違いない。」

「あの時結局あの程度だったから、今回頑張ってもこの程度だと思う」

という思考です。

すでに過ぎ去ってしまった時のネガティブな経験を引っ張って来て、今という現実を判断します。

 

では、取り越し苦労とは、

「今がこんな感じだから、きっとこの先もこの程度だろう」

「今は収入があるけど、将来はどうなってしまうかわからない」

「この先、年老いていって、仕事もできなくなるかもしれない、食べていけるだろうか」

と、まだ見ぬ未来を不安要素から想像して、今は幸せなのに、この先はどうなることかと思い悩む。

 

ありますよね、誰だって(^^;;

人間は誰でも、過去の記憶の中で今を生きています。

 

●気の無駄遣い

結局のところ、その持ち越し苦労と取り越し苦労で、今という大切な時間に気持ちが分散してしまい、気の無駄遣いをしてしまいます。

 

本当は自分には素晴らしい能力があるのに、何をやるにもそのチカラを100パーセント発揮せずにセーブしてしまいます。

私は「大丈夫だよ、君が〇〇だったなんて、誰も知らないから。自分一人で『私はこういう人間です』って思い込んでるだけだよ」と笑います。

 

いまの自分の無限なる能力を自覚したら、聖徳太子のように複数人の話を一気に聞くこともできるかもしれません(^^)

 

そこで、私は「現実は『ごっこ遊び』だと思ってごらん?」と言っています。

 

●ごっこ遊び

子どもの頃の「ごっこ遊び」で、ケイドロやお医者さんごっこなど、自分が本当に役になりきって遊びました。

 

売れっ子スタイリストなら、こんな時どのような姿勢で、どのような話し方をして、どのように振る舞うか。

自分が今という時に「役になりきる」のです。

過去に自分がどうであれ、この先の未来に努力が報われないかもしれなくても、今という時に、なりたい自分の役になりきる。

それも子どもの頃の遊びのように、超真剣に役になりきる。

 

さてさて、持ち越し苦労と取り越し苦労で気の無駄遣いをしていた自分が、どのように変化していくでしょうか。

楽しみですよね。

 

きっとまだ見ぬ素晴らしい未来があなたのことを待っています。

その時に出会う人たちは、どんな人たちでしょうか。

その人たちとどのように接していますか?

今日も明るくのびのびと生きましょう。

世界が君を待っている。

 

それでは、また。

いいね!シェアで共有

代々木八幡でのヨガレッスン

みなさん、こんにちは。
代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

そろそろ夏休みに入る人も多いようです。
真夏ですね。

 

●代々木八幡でのヨガレッスン

6月から美容室スプラッシュの事業とは別に「ワークショップ・おもてなしカフェ」というセミナーやワークショップを行うプロジェクトを始めました。

今までは私やSplashスタッフが講師のセミナーを中心に活動してきましたが、現在は外部講師も招きヨガなど心と体の美容と健康にワークショップも行っています。

関根志穂の「一人で着られる着付けレッスン!ゆかたの着付け 基礎編」も好評開催中です。

 

最近の主なレッスンは、平日の午前中にお子様が園や学校に行っている間に代々木八幡のご近所のママさんたちが、気軽にヨガレッスンを受けられるよう、少人数制でのヨガ教室開催しています。

詳しくは、ワークショップ・おもてなしカフェのホームページより。
https://omotenashi-cafe.com

 

●お子様と一緒にヨガ

今回は夏休み特別企画ということで、佐藤奈々子インストラクターによる

ななこの やさしいヨガ(8月29日) 【夏休みスペシャル】お子様連れのママも大歓迎 ♪ 夏バテ解消お腹ヨガで腸美人

というヨガイベントを立ち上げました。

「おもてなしカフェのヨガに参加したいけど、まだ子どもが小さくて行けない」というご意見をもとに、お子様連れで参加可能の1dayヨガレッスンを企画しました。

お子様とご一緒に参加される場合は、スタッフ一名がお子様と一緒に遊んだりしていますので、ぜひ気軽に参加してみてください。

 

●あなたの内臓 冷えてませんか?

今回のテーマは、なんと!
夏バテ解消❗️ お腹ヨガで腸美人✨内側からリフレッシュ✨ということです。

夏になると内臓、特に胃や腸が疲れて免疫力が下がると言われています。

そこで腸を活性化するポーズを中心のレッスンとなります。

題して「夏バテ解消 お腹ヨガで腸(超)美人」です。

腸の活性化だけではなく、お腹周りを刺激して女性らしく美しいS字カーブを作れるポーズも奈々子先生が直伝してくれます(^^)

みなさま、ぜひご参加下さい(^^)

●奈々子先生のレッスン動画

レッスン中の動画を載せておきますね。

ななこのやさしいヨガ @佐藤奈々子 ⇦こちらをクリック

 

それでは、また。

いいね!シェアで共有

心のフィルターと心の深さ

みなさん、こんにちは。

代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

 

ある日、誰かが一つの選択をしました。

その選択により、本人はもちろん、周りにいる人達全てが深い悲しみに打ちひしがれる事になりました。

周りの人達の心の中では一生掛かっても癒えない傷となったのです。

しばらく時間が経過して日常的な生活が戻ってきても、心の何処かに深い悲しみのスイッチがあり、事あるごとに当時の気持ちがフラッシュバックします。


●心のフィルター

人は心の中にいろいろな感情を持ちながら生きています。

嬉しい、楽しい、ワクワクする等はもちろんですが、不安、恐怖、罪悪感、無価値感など、周りの環境や現在の生活の中で常に持ち続けている感情があります。

その感情というフィルターを心に差し込んで、現実というスクリーンを見ています。

 

私は周りにいる人がどんな選択をしても、心穏やかに見ていられるだろうか。

今朝はそんなことを考えています。

 

良い選択と悪い選択の二択があるとします。

しかし、その良し悪しの基準はどこにあるのだろう。

 

もしあるとすれば、その後の体験により後付けで決まると思います。

 

この世の中は体験して初めて解ることだらけです。

その体験すら心のフィルターを通して体験しています。

 

だから、周りにいる人たちは、その人の体験を応援することしかできません。

 

●心の深さ

例え悪い体験になったとしても、その体験から大きなことを学ぶはずです。

体験しなければ、心は成長しません。

心の成長とは、心が深くなることです。

 

人は心の深さでしか物事が見えないのです。

 

だから、心を深くするために学ぶのです。

何を学ぶのか。

愛を学ぶのです。


 

ただ、一つだけ言えることは、周りにいる人間も誠心誠意、真心を持って意見することも大切です。

その意見を取り入れるかどうかも、その本人にかかっています。

 

ただ見守ることしかできません。

そして、祈ることしかできません。

周りの人達が光り輝きますように、

※本文と写真は関係ありません(^^)

それでは、また。

いいね!シェアで共有

子供の頃に夢に見た未来

みなさん、こんにちは。
代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

なんだか久しぶりに晴れて、夏日になりましたね。

 

●子供の頃に夢見た未来

SNSなどで個人でも企業でも、同じスピードで思っているコトや行動しているコトを自由に発信できます。

自分を取り巻く時間感覚のスピードが増し、手軽に誰とでもコミュニケーションできて、価値を共有できるようになりました。

 

私が埼玉県秩父から上京して美容学校に入った頃は、スマホはもちろん、携帯電話すら持っていません。

部屋に固定電話があれば良いのですが、それすら無くて街角の公衆電話からテレフォンカードを使って電話していました。

 

そう考えると今は、連絡を取りたい人がいれば、LINEしたり、スマホに着信を入れておけばすぐに折り返し連絡が来て、すんごいスピードでコミュニケーションがとれます。

子供の頃に夢見た未来に生きています。

 

最近では

  • インスタ経由で仕事の依頼が来た。
  • SNSの繋がりから事業が発展していった。

などと聞くと、やっぱりすごい時代なんだなぁ〜と思います。

 

●個々の繋がりが大きな繋がりへ

さて、美容の話になりますが。

SNSの発達で、美容師同士の横の繋がりができたり、お客様とプライベートの情報まで共有したりと、ビジネスの関係だけではなく、人間同士の関わり合いが強くなって、個々の繋がりが大きな繋がりとなります。

これもまたいいことだなぁ〜と思います。

SNSにヘアスタイルを掲載すれば、すぐに「いいね!」が付き、それがきっかけとなりご来店に繋がったりします。

美容学校生もSNSを通して、自分が将来働きたいサロンを探したりしています。

 

だからこそ、もっと自分のことを発信していいと思います。

まだ見ぬ未来の後輩、まだ見ぬ未来のお客様は、きっとワクワクしながら、自分が行きたいサロンや担当してほしい美容師、一緒に働きたい仲間を探していると思うのです。

 

●真っ直ぐな気持ちで

忘れてはいけないことがあります。

美容室にいらっしゃるお客様は、何が目的なのかということです。

SNSでヘアスタイルに共感していただいても、サロンにご来店している間に心地良くなければ、やっぱり嫌だと思います。

なりたい髪型を手に入れるためなら、サロンでどんな嫌な扱いを受けても平気!って人はいないですよね。きっと。

 

人と人との関係は、優しさや思いやりの愛の気持ちが一番大事です。

派手さはなくてもいいんです。

全身全霊で真っ直ぐな気持ちで仕事に向かうのです。

 

 

●価値観を共感、共有できる時代

私たちは、子供の頃に夢に見た未来を生きています。

個人と個人が簡単に価値観を共感、共有できる時代に生きています。

共有する全てが良いことばっかりじゃないかもしれませんが、だからと言って不平不満や攻撃的なことを発信するべきではないと思います。

 

自分の中で腑に落ちていること、心地良いこと、ワクワクすることを周りの人たちと共有していける、そんな調和に満ちた世界に生きていきたいものです。

周りにいる人たちが、あの人といるとなんだか温かい気持ちになる。

そんな風に生きたいものです。

いいね!シェアで共有

世界人類の平和を祈りつつ

みなさん、こんにちは。
代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

 

今朝は少し想うことがあり

出勤前に近所の氏神様にお参りしてきました。

 

 

マンションや一戸建ての住宅街にある神社は

境内だけ森になっています。

 

蝉の大合唱の中

世界人類の平和を祈りつつ

日頃のお礼と感謝を伝えました。

 

駅に向かう途中

住宅街を歩いてみました。

 

地元の農家には竹林があり

風の通り道になっていました。

 

普段の通勤路は幹線道路沿いを歩くのですが

たまに住宅街を歩くと

いつもは見えないモノが見えたり

聞こえないモノが聞こえたりします。

 

どんなことでもそうかもしれませんが

いつもと違う視点や

いつもと違う思考が

次のアイディアに繋がったりします。

 

楽しいコトが浮かんできました。

いいね!シェアで共有

未来の選択肢は多いほうが楽しいでしょ?

みなさん、こんにちは。
代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

最近はSplashの独自ドメインに自分専用のサブドメインを設定して、このブログを書いていますが、更新頻度が格段に上がりました。
いつまで続くかわかりませんが、しばらくお付き合いください(^^)

 

●給料日

Splashの給料日は毎月10日です。
以前は給料袋に現金を入れて渡していた時期もありました。

スタイリストの給与は、基本給+歩合+役職手当という感じなので、自分が頑張った月の給与は、給料袋を手で持った時の “厚み” で自分の頑張りを実感できました。

さらに給与額の1000円未満の端数分は、1000円に繰り上げて渡していましたので、ランチ1回分くらいの金額を私からスタッフへのお小遣いとしていました。
 ※現在では銀行振込になっています。念のため。

前回の給料日、スタッフ達に給与明細を手渡しする際、一人一人に「未来の選択肢」の話をしました。

自分の未来の選択肢は多いほうが楽しいですよね。
「今という時に、自分はどっちの方向にも進めるんだ。」と思えればとても安心感がありますし、選択する余地があると今現在の自分の可能性を信じることもできます。

 

●小湊萌未とのやり取り

給与明細を手渡しの時、アシスタントの小湊萌未とのやり取りです。

小林:萌未ちゃんはさぁ、将来実家に帰っておばあちゃんとお母さんのサロンを継ぎたいんだよね。その時に・・・

萌未:あっ、実は・・・

小林:なに?

萌未:実は最近、、実家の美容室の跡継ぎもいいけど、東京で美容師としてやっていくのもいいかなって思っているんです。

小林:そうか・・・じゃあさ、福島か東京かの二択じゃなくて、こんな風に考えてごらんなさい。

自分の未来は自分で選ぶことができる。
だから、今この瞬間に選択肢が多いほうがいいよね。
福島の実家の美容室を継ぐ未来。
東京で美容師としてバリバリ働く未来。

今の自分を中心に、いろいろな未来があるんだよ。

福島と東京を行き来しながら実家とSplashの両方で美容師を続ける未来だってあっていいよね。

それに、萌未ちゃんは着物の着付けも好きだよね?
萌未ちゃんはまだ美容師二年生だから、これから先はどんな自分にでもなれるんだからね。
そのために、オレとしても会社としても、できることは何でもするからね。

だから今を大切に、しっかり生きなさい。
未来の選択肢は多いほうが楽しいでしょ?

萌未ちゃんと話した後、スタッフ一人一人に同じような内容の話をそのスタッフに合わせてしました。

 

●スタッフ達の未来

スタッフみんなに、それぞれの未来があって、自分がなりたい未来像も複数存在しています。
しかし「いま」という時に未来を夢見られなければ、その未来像は消えて無くなります。

 

先日のtomone店長主催のtomoneミーティングで、スタッフ全員で未来を語ったそうです。
全員が「Splashでずっと働いて行きたい。」という結論に達したそうです。

 

自分の未来は自分でえらべる。
それはとても豊かな生き方です。

スタッフ達が幸せを体現できるサロンは、お客様も幸せを体現できるサロンとなります。

私の未来はどれだけの選択肢があるでしょうか。
スタッフ達の未来の数だけ、私の未来があります。

 

それでは、また。

いいね!シェアで共有

スタッフの誕生会は自分の誕生会より嬉しい

みなさん、こんにちは。
代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

夏になるとSplashでは、スタッフの誕生会を立て続けに開催します。
まずは私。
そして下村奈美。
次に木村由里香。
そしてtomone店長。
7月から9月初めまでに計4回の誕生日会です。


●7月27日は下村奈美の22歳の誕生日

もちろんスタッフ全員でお祝いしました。

※下村奈美が書いたブログはこちら
https://blog.hairsplash.net/nami-shimomura/767

 


●スタッフみんなから「宇宙人」と言われている下村奈美

誕生日ケーキのメッセージには、
「祝☆下村奈美 人間世界訪問22周年」
と書かれています。

なみちゃんは、人間世界に愛と平和、そして優しさを伝えにシリウスからやってきたそうです(笑)
 *本当は福岡県久留米市からやって来ました。

 


●みんなで乾杯

今回はtomone店長が唐揚げやおつまみを、木村由里香がローストビーフを作ってきてくれました。

みんなで和気あいあいと食事をします。

 

途中でなみちゃんが欲しいと言っていたアクセサリーを渡したり、スタッフ全員からの寄せ書きと写真をまとめたバースデーアルバムのプレゼント。

 


●第一回Splashバドミントン大会

なみちゃんは小中高生の時、地元のバドミントンのクラブチームに所属していて、バドミントンが超上手でプロ級です。

 

そこで、私が代々木八幡の成城石井の隣にある100円ショップで、バドミントンセットを購入。

ただバドミントンをしてもつまらないので、100円ショップで一緒に購入したピロピロっと伸びる吹き戻し笛(ふきもどしふえ)と水中眼鏡を装着させて、プロ級のなみちゃんにはハンディを付けつつ、小湊萌未と試合をさせました。

サロン内での試合になったので、天井の高さの関係でかなり難しい一戦。
tomone店長の2歳の娘さんは、なみちゃんの格好と動きに大ウケしてました(^^)

両者互角のままデュースになり、僅差で下村奈美がクラブチーム出身者としての面目を保ち勝利。

 


●スタッフの誕生会は自分の誕生会より嬉しい

新卒でSplashに入社したスタッフの誕生会を毎年開催していると、本当に時の流れを感じます。

あどけない顔の「ついさっきまで学生でした」という感じのスタッフが、数年もすると後輩たちにお説教をしたりしています。

私はそんな風にスタッフたちが成長していく姿をスタッフの誕生会を通じて見ています。

スタッフの誕生会は自分の誕生会よりも嬉しいと感じます。

 

●成長するためのコツはなんですか?

私はスタッフたちにいつも言っていることがあります。

目の前にあるモノや華美なコトに飛びつくのではなく、大きな目標に向かって地道にコツコツやることが大切だよ。

立派に成長するコツ?
そんなものはありませんよ。
コツコツやることがコツです。

この言葉は、私からのラブレターです。

 

誰も見てくれていなくて、自分一人で孤独感を感じていても、コツコツやることがコツです。

まだ見ぬ未来のお客様のため、まだ見ぬ未来の後輩たちのため、今という時を精一杯にやりましょう。

必ず同じ心の周波数を持った人が目の前に現れます。

世界が君を待っている

 

それでは、また。

いいね!シェアで共有

アシスタントとしての理不尽さ


みなさん、おはようございます。
代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

夏になり通勤路の百日紅(さるすべり)に花が咲きはじめました。
百日紅の花は、紅色が綺麗ですが、たまに見かける白色の花も素敵ですよね。
これから約3ヶ月間、百日紅の花を見るのが毎朝の楽しみになります。

 

●時には失敗もある

サロンでは、朝から晩までたくさんのコトが起こります。

特にアシスタントの子達は、まだまだキャリアも浅く美容師としての経験値が少ないので、時には失敗もあります。

時にはではなく、たくさんの失敗もします。

失敗の種類もいろいろです。

 

●注意された時の反応

先輩から失敗を注意された時の反応も様々です。

「あの人に注意する事と私に注意する事が違う」

「前はこう言ってたのに、今回は違う事を言われた」

「私だって言われた通りちゃんとやってるのに」

「私ばっかり怒られる」

 

自分が失敗したってわかっていても、人間だもの・・・
ついつい言い訳っぽくなっちゃう時もありますよね。

そんな時、先輩達はイライラしたり怒ったりと感情的にならず、どんな風に指導するのがいいでしょうか。

 

●理不尽さを感じる時

アシスタントの子達が「なんだか理不尽だなぁ〜」と感じることの一つに、「私に言う事と〇〇ちゃんに言う事が違う。」とか「前は●●だよって言ってたのに、今回は××だからね!って叱られた。」というような事があります。

または「◯◯さんが指導してくれた事と、◯◯さんが言ってる事が違う」など、人により指導の仕方が違ったり、言っている事がコロコロ変わる時など、「いったい私は誰が言っている何を信じたらいいの?」とアシスタントとしての理不尽さを感じてしまいます。

そして、言い訳が出たり、不満が態度に出たりします。
で、叱られて落ち込んだり、不安になったりします。

 

指導する側が、アシスタントの言い訳や態度などを一つ一つ指導していては、問題は無限に現れます。
そして日々起こる問題だけを解決していると、行き先が見えなくなってしまいます。

双方がストレスを抱えるだけです。

 

●自分が船長の船

では、指導する側が常に意識していなければならないコトはなんだろう?
と考えた時、私は店長や幹部スタイリストに、ある一つのイメージを持たせるようにしています。

 

自分が船長の船があるとするでしょ?
20人がオールで漕ぐ船。
でね、その船は右舷に10人、左舷に10人の漕ぎ手がいるんだよ。
その漕ぎ手が、自分の後輩、そうアシスタントだと思ってみて。
自分は船尾から漕ぎ手に指示を出すの。
早く進みたい時は、漕ぎ手全員に同じペースで全力で漕がせるよね?
でも、左右どちらかに曲がりたい時や障害物を回避する時は、漕ぎ手の一人一人に全く違う指示を出すよね。
違う指示を出された漕ぎ手が「あの人に注意する事と私に注意する事が違う」「前はこう言ってたのに、今回は違う事を言われた」とは言わないよね。
なんでだと思う?

 

●あの島を目指していこう!!

自分が船長(店長、幹部スタイリスト)として乗船している船(サロン)がどこに向かっているのか。
漕ぎ手である若手スタイリストやアシスタントに、明確に伝えることが大切。

「あの島を目指していこう!!あの島にはみんなが求める◯◯があるよ!一緒にサロンで幸せを体現しよう!」

ことあるごとに夢を語るのです。
その夢の中の自分の立ち位置から、スタッフを指導するのです。

 

サロンの日々のやり繰りや修正や改善だけで手一杯になってないだろうか。
時には、自分の行き先を明確にイメージして、周りの人たちと共有できるといいですよね。

 

あの島を目指していこう!
幸せを体現できるサロンを創ろう

世界が君を待っている

 

それでは、また。

いいね!シェアで共有