焦点を当てたものが拡大する #美容室スプラッシュ

【いいね!・シェアはこちらから】

みなさん、こんにちは。

代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

 

今年も8月になり、すっかり真夏です。

実は、今年は年始からサロンの方針を変化させました。

スタッフたちはもちろんですが、私自身も戸惑うことも多かったです。

 

 

ほっと胸をなでおろす

2019年も半年が経過し、7月のはじめ頃、顧問税理士からメールが来ました。

「小林さん、半期の売上高が前年度比で増収増益となりました。おめでとうございます。」

 

そこで調べてみると、前年対比120パーセントで推移していました。

 

今年は4月より料金改定をしたので、お客様への影響も大きいのではないだろうかと思っていましたが、3ヶ月経過しても右肩上がりで成長していて、私もほっと胸をなで下ろしています。

 

 

最初が肝心

今まで通りにしていて、なんとなぁーく変わって良くなるわけじゃないと思うんですね。

車を動かす時も「よっこらしょ」とローギアから最大エネルギーを使います。

動き始めれば惰性が付いてスムーズに簡単に進みますよね。

 

だから、変化の時は最初が肝心なんです。

 

その為にはまず、自分がどこに行こうとするのか明確に決める事が大事ですよね。

情報に振り回されたりせず、頭で考えずに心で感じる必要があります。

自分が向かっている先は、外にあるのではなく、自分の中にあるからです。

 

 

良い流れ

考えてみたら、スタッフ達は年々給与額が上がっています。

年々休日が増えています。

年々有給休暇の取得が多くなっています。

そして、年々勤務時間が減っています。

 

サロンは前期より増収増益を達成。

開業18年だから、まだまだこれからですが、

なんか良い流れなんじゃないかと思っています。

 

何よりスタッフたちが楽しそうに働ける環境ができつつあることが嬉しいです。

私ひとりのチカラでは何事も成し得ません。

 

お客様の来店数が多いと、身体はくたびれるかもしれないけど、心まで疲れないようにしたいですよね。

スタッフ一人一人に、本当に感謝しています。

 

 

サロンはただの箱

サロンはただの箱です。

物件を見つけて、契約して、内装デザインをして、什器備品を搬入すれば箱は完成します。

しかし、それだけではサロンではありません。

 

そこには、大事な大事な人が必要です。

心が必要です。

 

美容師はサロンが好きで、お客様のことが好きです。

サロンの中で大好きなお客様のことを一所懸命に綺麗にします。

 

自分の生き方を表現できる場がサロンです。

だから、自分が立っているサロンを大事にします。

 

それが本質だからです。

 

その本質の心が磁場のように、サロンのエネルギーとなり発展につながります。

だから、私からスタッフの心が見えなくなると、サロンの発展は止まります。

 

 

人間の意識は「焦点を当てたものが拡大する」という作用を持っています。

サロンでスタッフ達のコト、お客様のコト、売上げのコトなど、どこに焦点を当て意識するのか。

その想いのバイブレーション通りの現実が創られます。

 

幸せを体現できるサロンへの道は続きます。

それでは、また。

【いいね!・シェアはこちらから】

なぜベストを尽くさないのか!? #美容師スタイリスト

【いいね!・シェアはこちらから】

みなさん、こんにちは。

代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

今日はサロンのバックヤードでの出来事を書いてみますね。

 

腑に落ちない顔

ご新規のお客様を担当した小湊萌未。

お客様はとても満足して帰られました。

 

しかし、、tomone店長だけは、何か腑に落ちない顔をしています。

tomone店長は、小湊萌未が施術した時の仕上りやコミュニケーションでお客様の満足度はもっと高まるはずだと言います。

 

小湊萌未をサロンのバックヤードに呼び出し、そのためのアドバイスを熱心にしています。

萌未本人は100%と思っていても、まだまだ伸び代があることをtomone店長は、ちゃんとわかっているんですね。

もっと良くなる、より良くなるためのお説教です。

 

私はこっそり後ろから近付いてパシャリ。

 

なぜベストを尽くさないのか!?

私は思います。

何か行動するとき、アドバイスをもらったとき、みんな「頑張ります!」と言います。

頑張るんじゃなくて、ベストを尽くせば良いんです。

 

みんな頑張ろうとするから、継続できないんです。

今という時にベストを尽くせば良いんです。

 

では、ベストを尽くすって?

 

自分には無限な能力があることを自覚することです。

自分の能力を思い出すことです。

 

そういうことですよね(^^)

 

想えば現実

私自身は「こうあるべきだ」という思考を好みません。

なぜなら、私自身が「こうあるべきだ」と想った瞬間から、その制限の中でしか現実を体験できなくなるからです。

 

『想えば現実』っていう言葉がありますが、

人間はイメージしたこと以外は体験することができないそうです。

 

ということは、自分が変わると世界が変わるということです。

私自身も、最近は本当にその通りだと感じています。

 

それでは、また。

【いいね!・シェアはこちらから】

YouTubeでカットを覚える? #人材育成 #カット講習

【いいね!・シェアはこちらから】

みなさん、こんにちは。

美容室スプラッシュの小林誠です。

 

今の時代はどんな技能でもシンプルに、簡単に身に付けられる時代です。

シンプルにと言っても、実際は自分が身に付けた技能を活かして、たくさんのパターンを瞬時に判断する能力が身に付かなければなりません。

そのためには継続がキーポイントになります。

「継続は力なり」という言葉の通り、継続することで、たくさんの応用が身に付きます。

そう、とっても簡単に。

 

YouTubeでカットを覚える??

私が開催している美容師用ベーシックカット講習の参加者と話していて、私が衝撃を受けた話がありました。

 

会話の内容はこんな感じです。

 

小林誠:「〇〇さんは、今までどういう風にカットを覚えてきたんですか?」

カット講習参加者:「YouTubeを観て覚えました。」

小林:「え? ゆー・ちゅー・ぶっ!? 誰かにカットを教わったことは?」

参加者:「教わったことはありません。誰も教えてくれなかったので。」

小林:「でも、サロンではスタイリストとしてお客様を担当してるんでしょ?どうやってカットしてるの?」

参加者:「はい、お客様を担当してます。なんとなくカットして、あとはヘアアイロンで巻いたりして仕上げてます。」

小林:「マジ〜!? それじゃお客様がオーダーしたヘアスタイルにならないでしょ?」

参加者:「でもまぁヘアカラーして、アイロンで巻いちゃえば・・・それなりに・・・。」

小林:「このFlowersのカット講習でしっかり勉強してね。絶対に将来に役立つし、しっかり教えるからね。」

参加者:「はい、よろしくお願いします。」

 

これは実際にあった話で、私の作り話ではありません。

その参加者のサロンは、それなりに営業が成り立っているそうです。

 

この受講者さんは、自分に足りない部分があることを理解していて、カット講習に参加する行動力がある人でしたので、現在は立派にスタイリストとして働いています。

 

この件に関して、少し考えてみました。

 

 

美容師になるためには

美容師になるためには、美容専門学校に入り、そこで二年間、学科と実技を学びます。

その後、国家試験を受け、見事合格した場合、就職先のサロン(美容室)で美容師アシスタントとして働けます。

美容室では、美容師アシスタントとして美容業務の初歩、専門知識、サービス、おもてなしなど、美容師として必要なことを個々のサロンごとに学んで行きます。

これは料理人が、調理師学校を出ただけでは、美味しい料理が作れないし、お客様へのサービスやおもてなしができないのと一緒で、美容師もサロンへ就職してからが本当の意味での実践的な勉強となります。

 

さて、そこで「YouTubeでカットを覚えた」という事例が、なぜ起こるのでしょうか?

 

 

美容師の離職率

一つのサロンでのスタッフの平均勤続年数、、、というか、美容師の離職率の話になります。

厚生労働省によると、美容師の離職率(退職、またはサロンの移籍)は、

1年目で約50%

3年目で約80%

10年目で約92%

と発表しています。

 

美容師アシスタントとして、サロンに入店しても1年目で半分が辞めていきます。

アシスタント時代を経て、ほとんどの美容師がスタイリストになる3年目になると80%が同じサロンで働いていません。

 

これでは、いくらオーナーや店長がカットを教えると言っても限度があります。

美容室オーナーの中には、「色々教えてもどうせ辞めちゃうんだから、真剣に教えるのは時間の無駄だ。」とまで言い切る人もいます。

(もちろん、ほんの一部の人です)

 

しかし、見方を変えると、カットを覚えたい美容師アシスタントが、カットを覚えたくても覚えられない状況とも言えるかもしれません。

 

 

指導者の不在?

ヘアカットの技法は、一朝一夕に身に付くものではありません。

しかし、最近では、カットの練習方法や指導方法もとてもシンプルになり、簡単に身につける事ができます。

アシスタントが新卒で入店してから一年以内にスタイリストとしてデビューして、お客様の髪を担当するというサロンも多数存在します。

 

しかし、カットを真剣に覚えたいと思っている美容師アシスタントでも、自分一人で練習していてるなら、よっぽど自分を客観視できる人じゃない限り、技法はなかなか身に付くものではありません。

 

そのために良き指導者が必要となるのです。

それも指導方法や教育方法のノウハウを学んだ指導者が。

 

今は少子化の影響で美容師を目指す人が少なくなっています。

それと同時に、指導者側が「どうせすぐ辞めちゃうから」との理由で、真剣に人材育成に取り組まなければ、教える側と教わる側のバランスはますます崩れていきます。

 

YouTubeでカットを覚えること自体の善し悪しの話ではありません。

指導者の心の在処の問題です。

 

 

自分を大事にするということ

指導者といいますか、サロンのトップに立つ人間には決意が必要です。

その決意とは「スタッフを大事にできないと、お客様も大事にできない。」という決意です。

 

「お前、結婚なんかして仕事を続けられるのかよ。」

あるサロンの店長が、結婚することを報告した女性美容師に対して言った言葉です。

 

なぜスタッフを大事にできないのでしょうか。

それは自分を大事にしていないからです。

 

自分を大事にするって、どういうことかというと、

自分の周りに起こる現実はすべて自分の責任だと自覚することです。

 

あの人にこんな事をされた、あの人にこんな事を言われた。ではなくてね。

全ての現実は自分が創っているのです。

 

だから、自分を大事にしましょう。

自分に優しくするということは、自分に甘くすることではありません。

自分の創る現実に責任を持つということです。

 

 

今の時代はどんな技能でもシンプルに、簡単に身に付けられる時代です。

シンプルにと言っても、実際は自分が身に付けた技能を活かして、たくさんのパターンを瞬時に判断する能力が身に付かなければなりません。

そのためには継続がキーポイントになります。

「継続は力なり」という言葉の通り、継続することで、たくさんの応用が身に付きます。

そう、とっても簡単に。

 

 

世界が君を待っている。

それでは、また。

【いいね!・シェアはこちらから】