未来へ向けての希望 #代々木八幡 #美容室スプラッシュ

【いいね!・シェアはこちらから】

みなさん、こんにちは。

Splashの小林誠です。

 

今までサロンへのご来店を見合わせていた方も多かったので、

先日、緊急事態宣言が解除され、皆様からサロンへのご予約が一気に増えました。

 

お客様からの言葉

今回の緊急事態宣言の期間中に、たくさんの人たちと温かい言葉の交流がありました。

その中でお客様からいただいた「言葉」を一部ご紹介します。

 

「感染症の対策をしっかりしてくれていて安心してます」

「やっと髪をカットできて嬉しい!」

「あぁいい気分転換になった」

「やっぱり美容院は良いわよね〜」

「美容室に来て、本当の自分に戻れた気がする」

「電車に乗ってでもSplashに来て良かった」

本当にありがたいです。

 

言葉というのは乗り物ですから、その言葉の奥に何が乗っているかが問題なのです。

深い場所から出た「心」が乗っていれば、その言葉にはチカラが宿ります。

 

ご来店した皆様から、嬉しい言葉をかけていただける事で、美容師としての幸せを実感します。

 

 

スタッフたちの頑張り

緊急事態宣言の期間中は、サロンのお客様とはもちろん、ご近所さんや商店会の人たちとの交流も活発になり、「みんなで声掛けあって行こうぜ!」的な連帯感も感じました。

美容メーカー、美容代理店や取引先の皆さまにも本当に助けられました。

 

そして何より、スタッフ達の頑張りが凄かったです。

「今自分にできることは何だろう?」

そして、「ありのままの自分の姿は、どんなだろう?」

みんなで協力して、たくさんのコトを行動に起こし、いろいろと経験した期間でした。

 

恩恵

皆様のおかげで、人の優しさや、気持ちの温かさが身に染みました。

そして、未来へ向けての希望も実感できました。

こんなコトに気付けた事は、周りの皆さまや、スタッフたちのおかげだと感じますし、

ある意味、新型コロナウイルスの恩恵だと思っています。

有り難いことです。

 

きっと未来は素晴らしい!と実感しています。

これから先もウイルス感染症がなくなるわけではありません。

今まで通りの日常に戻ることは無いかもしれません。

だからこそ、自分たちにできる事を最大限にしていこうと決めました。

 

 

Splashでは、清潔、清楚、質素の「3S」をベースに、美容師法(公衆衛生法)に則り、サロンの衛生環境を整えて、皆様をお迎えしていきます。

 

また皆様と、笑顔でお会いできる日を楽しみにしています。

【いいね!・シェアはこちらから】

人は心の深さでしか物事が見えない

【いいね!・シェアはこちらから】

みなさん、こんにちは。

Splash代表の小林誠です。

 

私たちの生活は、ちょっと前とは変わっていましました。

普段は何気なくしていた行動も今は制限されています。

 

私も含め、みなさんは大なり小なり不安や恐れを抱えて、毎日を過ごしています。

そんな中でも、一つだけ私たちが忘れてはいけない大事なことがあると思います。

感染症予防に徹することはもちろんですが、、

もっと大事な事、それは、自分に優しく、他者に優しくということです。

 

私たちは日々、とてつもない量の情報を見聞きしています。

自分に制限をかけて生活していると、ついつい自分に厳しく、他者にも厳しくなってしまうものです。

 

その気持ちが強ければ強いほど、心の中に葛藤が生まれてしまいます。

違う価値観や違う言動を目にした時、私たちの心は揺れ動き、自分の中にある「恐れ」に対処するため、他者を批判したり、非難したりしてしまうのです。

しかし、そこから何が生まれるのでしょうか。

 

批判や非難のなかからは、またさらなる批判や非難を生み出し、無限ループに陥ります。

 

みんな本当は自分にも他人にも優しくしたいのです。

周りの人たちの喜ぶ顔や笑顔を見たいと思っています。

 

私たちは、この日本に、この地球に暮らしています。

宇宙から見たら、ほんの小さな塵にしか見えないような地球です。

 

その小さな地球で、いま人類一人一人が、たくさんの経験をしています。

 

その経験から何を学ぶのか。

それが試されているような気がします。

 

そのためには、優しさが必要なのだと思います。

言い方をかえると、愛が必要なのです。

 

情報に惑わされるのではなく、自分の中の優しさや思いやり、家族や周りの人たちへの愛が必要なのです。

 

愛を素直に表現できる世界に生きたいですよね。

そのためには、やはり、自分の中にある恐れを見極め、その恐れがどこから来るのかを知り、そして手放していく必要があるなぁ。と常々感じています。

 

人は、心の深さでしか物事が見えないのです。

愛深い人になりたいものです。

 

 

それでは、今回はこの辺で。

みなさまと笑顔でお会いできる日が早くきますように。

【いいね!・シェアはこちらから】

春の陽射しのベランダで

【いいね!・シェアはこちらから】

サロンを一週間の臨時休業して3日目。

昨日までは資料作成やオンラインイベントの立上げ、参加者へのお返事などして過ごしていました。

今日の午前中は少しだけのんびり。

 

顧問の社労士さん、税理士さんの協力がとても頼もしいですし、美容ディーラーさんの迅速な対応も有り難いです。

サロンは休業中ですが、スタッフ達は、それぞれが分担して、今自分にできることをしてくれています。

Splashのベテランスタッフ達や、支えてくれている皆様には本当に感謝しかありません。

 

 

このところ、ずっと自分には何ができるのだろうか?

そう考えていました。

しかし、どんなに考えてみても、私にできることって、そんなに多くありません。

今回サロンワークを離れて思ったのは、今までずっと「自分が何かやらなきゃ」「自分がやらなきゃ、サロンがダメになってしまう」と、自分で自分を焦らせていたことです。

 

ちょっと前とはまったく変わってしまった世の中には、不安、恐怖が渦巻いています。

もちろん、私の中にもその恐れが存在しています。

自分のこと、家族のこと、スタッフのこと、お客様のこと、サロンの経営状態のこと、周りにいる人たちのこと。

考えれば考えるほど、いろいろな感情が湧いてきます。

その恐れの最たるものはなんだろう。と思った時、肉体を離れる死の恐怖なんだろうと腑に落ちました。

人は皆、生まれた時から死に向かって生きています。

それは当たり前のことなのですが、私自身、死に向かう「恐れ」を打ち消すために「何かやらなきゃ」「〇〇しなければならない」と、自分をがんじがらめにしていたのかもしれません。

 

このところ、天気の良い日はベランダに出て仕事をしていることが多いのですが、穏やかな春の陽を浴びながら、心の中では「死」について考えています。

不思議ですよね、健康になりたいのに、なぜか「良く死ぬこと」について考えているのです。

自分にとっての「良く死ぬ」ってどういうことだろう?

死ぬ間際に、どんな気持ちでいられると「良く死ぬ」ことになるんだろう?

では、良い人生とは、どんな人生なんだろう?

何故か死を意識することで、改めて生きることに向き合えた気がします。

 

「何かやらなきゃ。」から、「今の自分にできるコトを最善のペースでやればいいや」となんだか肩の力が抜けました。

自分の事を自分自分が認めることができなければ、周りの人のことも認めることができないと思いました。

自分を認めることができないから、他者からの承認を求める事で、自分の存在価値を見出し、恐れのバランスを取ろうとするんだ。

と気が付きました。

 

そして、ありのままの自分を認めることができると、きっと良く死ねるのだろうと思いはじめました。

それが、良く生きることなんだろうと。

 

早く皆さんと笑って会える日が来ますように。

春の陽射しのベランダで、こんな事を思いながら過ごしています。

【いいね!・シェアはこちらから】