保育園が決まって一安心 #ママ美容師 #子連れ出勤

【いいね!・シェアはこちらから】

みなさん、こんにちは。

代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

 

2019年2月7日に、渋谷区では保育園の入園申し込みの結果が出ました。



ホッと一安心

Splashのtomone店長の娘さん(次女)が、4月からのお姉ちゃんと一緒の保育園に入園が決まりました。

ホッと一安心です。

 

なぜ「ホッと一安心」したかというと、

それはtomoneらしい働き方ができることをずっと応援していたからです。

 

もしもtomoneが「育児休業期間を最大の二年間フル活用したい」と申し出たなら、それも私は快諾したはずです。

店長が産前産後休業、育児休業でサロンに不在となるのは、経営的にもかなりの痛手ですが、そんなものは長い人生の中でほんの数年のことです。

 

子どもは大人が思っているより早く、すぐに大きくなってしまいます。

 

次は新宿区在住で現在パート勤務の千愛ちゃんの息子さんが入園できるかどうかです。

新宿区は2月19日に保育園への入園申し込みの結果が出ます。

 

 

保育園が決まるまで

Splashが「子連れ出勤OK」なのは、はじめは「致し方ない」ところから始まりました。

子連れ出勤の私なりに定義があります。

それは、保育園が決まるまでの一時的なママ美容師の救済措置ということです。

 

Splashの子連れ出勤のことを知らない人からは「サロンを子どもが走り回ってるんじゃない?」的に、勘違いされる事も多いのですが、そんなことはありません。

おんぶで仕事ができる範囲内での子連れ出勤です。

 

子どもが1歳を越えると、動きも活発になりますし、動きたかったり、喋りたくなったりして自己主張も激しくなります。

そうなると、やはりおんぶしながらサロンワークは不可能となります。

 

 

本質的な包容力

ここで「もしも(if)」の話になりますが。

男性スタッフが「オレ、子連れ出勤したいんすけど、いいっすか?」と言ってきた時でも、すんなり「オーケー」と言えるかが、スタッフへの本質的な包容力だと思っています。

「本質的な包容力」という、訳の分からない日本語を使いましたが・・・

これは私自身の問題で、スタッフの働き方の多様化に対して、私自身が経営手腕が発揮できるかどうかの問題かと思っています。

 

実際、サロンに「子ども」がいることでSplashに来ることがなくなったお客様も多いです。

そんな事も含めての包容力なのかもしれません。

 

それより何より、Splashのスタッフ達が、自分の働き方を自分で見つけて、好きなだけ働けるサロン環境が出来上がりつつある事が、私は嬉しいのです。

自分がやりたいコトをやりたい時にできる。

そんな環境に身を置けるスタッフたちは、きっと豊かに違いありません。

 

 

おんぶでカット

時には私もおんぶしてカットします。

この年齢になっても、まだまだ新たなスキルが必要となります。

しっかりグラウンディングして体幹がブレないバランス感覚が必要とされますし、足腰が安定していないとスムーズなカットフォームが保てません。

そう考えると、やっぱり母はすごいなぁ〜と思います。

本当に尊敬します。

 



私自身、いろいろなコトを考え、そして試していますが・・・

tomone店長は、いつもと変わらず働いてます😊

 

こうして日常は過ぎていき、子ども達はいつの間にか成長していくのです。

周りの大人たちが協力し合って、子ども達を見守っていきます。

 

誰でもそうして生きてきたように。

 

それではまた。

【いいね!・シェアはこちらから】

関根志穂のピンチ!? #人材育成 #サロンメニュー

【いいね!・シェアはこちらから】

みなさん、こんにちは。

代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

 

先日ある人とメールでやり取りしている時に、あぁやっぱりこれだよね。

と思ったことを書いてみます。

 

着物の着付けのメニュー

いまでこそ「代々木八幡 着付け」「着付け ヘアメイク 代々木八幡」とGoogle検索すれば美容室スプラッシュが上位表示されます。

しかし、数年前までは違いました。

 

Splashスタッフのベテランスタイリスト達が、着物の着付けをメニューとして取り入れたのは、もう10年以上前になります。

しかし、その頃はまだ「お客様から頼まれたら着物の着付けをする」という程度のサロンの中でもサイドメニュー的な存在で、お客様からの認知度も低かったのです。

 

 

関根志穂の存在

今から5年半前の春、関根志穂がSplashに入社しました。

当時のことを数年前にブログに書いたことがありました。

関根志穂という美容師

https://ameblo.jp/somegirls/entry-12065346026.html

少し読み返してみましたが、いまでは考えられないくらい控えめな関根志穂・・・(笑)

 

現在関根志穂はSplashの着物の着付けの施術を一手に引き受けています。

リピーターとして着付けをオーダーしてくださるお客様もとても多いです。

着物の着付けのご予約が入ると、予約表を片手にお客様とご来店時間やお仕上がり時間を念入りに相談します。

そして、着物の着付けに関するご質問にも丁寧に答えています。

 

特に七五三シーズンには、お子様をお持ちのお母さん達が着物のことで関根志穂に相談してくださることが多いです。

着物に馴染みのない世代のお母さんには、関根志穂の存在は頼もしいのです。

 

 

 

スタッフの得意分野を伸ばす

お客様からも関根志穂の得意分野として、着物の着付けとヘアセットが認知されています。

代々木八幡周辺のお客様からも「あそこの美容院へ行けば、着付けとヘアセットをしてくれるよ」とたくさんご紹介して頂いています。

これも関根志穂が入店当時に「私は着物の着付けが好きです」と私に言ってくれたから、今があるのです。

 

私には、一つの意図があります。

それは「人のことを変えないこと」

Splashスタッフの得意分野の伸び代を創る手伝いはするけど、強要はしないという経営者としての覚悟です。

 

 

Splashの未来の姿

美容室にいらっしゃるお客様には、来店目的があります。

大きく分けて3つとなります。

1:髪が伸びたから

2:何かイベントを控えているから

3:リラックスしたりサロンの雰囲気を楽しみたい

1番の理由に特化したサロンは、カットやヘアカラー専門店として存在していますので、わかりやすいと思います。

3番の理由に特化したサロンは、ヘッドスパやトリートメント専門店として。

 

これを読んでいただいている美容師さんも、サロンで、この3つの来店理由のパーセンテージを導き出すと、あることがわかってきます。

それは、スタッフそれぞれの個性や特徴、そして得意分野が、どの来店理由にマッチするか。ということです。

関根志穂の着物の着付けは、2番の「何かイベントを控えているから」に当てはまっています。

 

自分の成人式は一度しかないけれど、こうして一生に一度の成人を迎えるお客様に携われることを本当に嬉しく思います(^^)

数年前、成人式のお支度をお手伝いさせていただいた時の、Splashの着付け担当 関根志穂の言葉です。

 

この一言の中には、自分が一番ワクワクすることを行動に起こすとどういうことが起こるかが語られています。

 

未来のSplashの姿は、第三世代のスタッフたちが中心となって、このお客様の3つの来店目的に合わせながら、スタッフの個性がバランス良く発揮され、のびのびと働ける環境になっていくと実感しています。

私自身も楽しみです。

 

 

関根志穂のピンチ

結婚式、成人式、卒入学式、そして七五三。

関根志穂が着物の着付けの施術で担当させていただくお客様の数は約140名。

イベントへのご出席用にお支度させていただくお客様ばかりです。

お着物の種類でいうと、6割が留袖、訪問着となります。

 

ほぼ毎週末に着物の着付けのご予約をいただいているので、連続で着物の意付けを担当するときは、シザーケースを外してポケットにピンチ(着物の着付け用クリップ)を付けています。

私は、その関根志穂のピンチをカッコいいなぁ〜と思って見ています。

 

 

分離から統合へ

ちょっと昔の美容院は、街の中で「何かある時は、あそこに相談すればなんとかなる」と地域の人たちから信頼されていました。

お客様が美容院へ来店する目的の3つのバランスが良いサロンの証拠です。

当時の美容師も、パーマから着付けまで、どんな施術も一人でできる人が大勢いました。

 

今では、そんなサロンも少ないのかもしれません。

 

細かく分離し過ぎてしまい、美容師自体が1つだけに特化した施術だけで、1日のサロンワークを終えています。

私はそれが悪いとは言いませんが、なんだか寂しいなぁと思います。

しかし、サロン全体で考えると、あるスタイリストは、これが得意。

またあるスタイリストは、これが得意と、同じサロンの中に、それぞれの得意分野を持ち寄ったカタチで協働していくことは可能です。

 

だからこそ、協働をベースに3つのバランスが取れたサロンは、これからの時代お客様にとって究極の価値となっていくのかもしれません。

分離から統合へ。

時代は確実に変わりつつあります。

 

 

人はそれぞれ自分しか持っていない光の玉をハートの中に持っています。

磨けば光る原石のような玉です。

今は自分でも気がつかないかもしれません。

その光の玉は、誰でも持っているのです。

 

次はあなたの番ですよ。

光り輝くのは、今この瞬間です。

 

 

世界が君を待っている。

それでは、また。

【いいね!・シェアはこちらから】

ママ美容師の子連れ出勤は可能か #女性美容師

【いいね!・シェアはこちらから】

みなさん、こんにちは。

代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

 

冬のような寒さになったと思ったら、一気に真夏の暑さになり、そして徐々に梅雨に向かっていきます。

体調を崩している人が多いです。

何かと変化の激しい時ですので、どうぞご自愛ください(^^)

 

美容師の子連れ出勤を考える

現在第二子を出産して育児休暇中のSplashのtomone店長も、第一子を出産後、生後三ヶ月の娘さんを連れて子連れ出勤していました。

以前も書きましたが、この美容師の子連れ出勤に対しては、賛否両論のたくさんのご意見を頂きました。

正直、反対意見も多かったです。

私自身も最初は反対でしたので・・・

 

そんなtomone店長の子連れ出勤は、私の認識が甘かった部分もありましたが、周りの人たちの協力でなんとか実現できました。

 

当時、店長としてもスタイリストとしても乗りに乗っている時期のtomone店長でしたが、時には悲し涙、悔し涙を流しながらの子連れ出勤でした。

保育園に預けられない期間限定で、お客様のご理解や、周りのスタッフ達の愛と優しさと協力の中での子連れ出勤でした。

 

当時のtomone店長の子連れ出勤の様子を書いたブログがこちらです。

【美容師の子連れ出勤を考える】
Splash小林誠のブログ
https://ameblo.jp/somegirls/entry-12104702062.html

 

そしてtomone店長の子連れ出勤に関しての取材記事はこちら。

 

【ママ1号だけど、不安はなかった。長女をおんぶしながら活躍する店長とは?】
リクルート・ホットペッパービューティーアカデミー
https://hba.beauty.hotpepper.jp/check/8297/


【子連れ出勤OK、キッズカットボランティア…さまざまな取り組みで業績UPさせる経営とは? 】
リクルート・ホットペッパービューティーアカデミー
https://hba.beauty.hotpepper.jp/check/8313/


【生後3カ月の赤ちゃんと一緒にサロンワークを楽しむ! 】
リクエストQJナビ
https://www.qjnavi.jp/special/love_marriage_childbirth/woman20/

 

ママ美容師の子連れ出勤

今月からSplashにママ美容師が入社しました。

Splashの中途採用の求人に応募してくれて、今はパート勤務で生後8ヶ月の息子さんと一緒に子連れ出勤しています。

「子連れ出勤しています。」と簡単に書いてしまいますが、、

面接が終わった後から初出勤まで調整期間をとって、既存スタッフ達と何度も打ち合わせを重ねて、やっと実現した子連れ出勤です。

 

まずは慣らし出勤

いきなりの子連れ出勤ではなく、サロンの定休日にまずは慣らし出勤として、練習を兼ねて何度かサロンまで来てもらいました。

家からサロンまでベビーカーでの電車通勤となりますから、朝の通勤混雑時はかなり大変です。

そこで電車の混雑時を避けて通勤し、フレックスタイム制での勤務時間が重要となります。

 

出勤初日は、2時間程度の勤務時間として、息子さんがサロン滞在でどういう反応するのかを確認しました。

サロン滞在時は、オムツの世話もありますし、授乳のタイミングもあります。

スタッフとも色々なパターンを想定して、子連れ出勤をロープレで予行演習しました。

 

そこでまずはフロント業務を中心に仕事をしつつ、その後様子を見ながら徐々にお客様に接するサロンワークをしていくことにしました。

 

常識を組み立て直す

ブランクがあるママ美容師が子連れ出勤で働けるサロン環境は一朝一夕にできたものではありません。

可能性を信じてたくさんの課題をクリアして、サロン全体で協力して創り上げたのです。

 

何よりサロンは、お客様をお迎えする場所です。

お客様にご迷惑があってはいけませんし、お客様が滞在時にリラックスできないようではサロンとして本末転倒となります。

 

すべて上手くいき、バランスが取れるポイントはあるのだろうか。

それを見つけるために、常識というカタチをいったん壊して、新たに組み立て直す必要がありました。

小さなサロンだからこその柔軟さみたいなものも、あったと思います。

 

美容師を続けたい

Splashの求人の応募フォームに記入した後、何度も何度もためらいながら送信ボタン押したというメッセージには

「前のサロンは妊娠を機に退職しました。子どもがいると美容師の再就職は難しいと思い諦めていましたが、tomoneさんの記事を読み美容師を続けたいと思いました。」

「生後半年の息子がいます。Splashで私もtomoneさんのように子連れ出勤で働かせて頂けないでしょうか?」

そう書いてありました。

そのメッセージを読んだ時、私は目頭が熱くなりました。

 

Splashなら諦めていたコトができる。と思ってもらえたことに感謝しています。

そしてこれからのサロンの未来像を創っていけるかと思いワクワクしています。

 

ママ美容師の子連れ出勤は可能か

昨日の常識は今日には通用しなくなることがありますし、お客様の考えも多岐に渡ります。

子連れ出勤に関して、匿名の掲示板を読むと反対意見ばかりです。

【子連れ出勤に賛成?反対?】
ガールズちゃんねる
http://girlschannel.net/topics/394976/

こういう反対意見を読むと、サロン側の問題だけではなく、Splashのお客様が不快に思っていることも多いかと思います。

さらに言ってしまうと、Splashにはキッズのお客様や、お子様連れのママのお客様も多数ご来店されます。

「子どもが来るサロンは嫌だ」とご来店されなくなるお客様も過去に何人もいらっしゃいました。

私もサロンとしてメリット・デメリットは何度も考えました。

 

美容室でママ美容師の子連れ出勤は可能か?

この課題に明確な答えはないように思います。

今でも本当に良いのだろうかと様々なシーンで疑問に思うこともあります。

答えが出る前に、子どもは日々成長を続けて、すぐに大きくなってしまいます。

 

その中で、私が選んだ答えの一つが「ママ美容師の子連れ出勤は可能」ということになります。

社員の将来の幸せを願って

Splashは顧問の社会保険労務士にお願いしているので、社会保障制度をフル活用できています。

社労士さんから指示を受けて、産前産後休業、育児休業、健康保険出産手当金などの申請書類に会社代表印を押す時は、作業ではなく社員の将来の幸せを願って押すのです。

ママ美容師の産休育休時の各種申請などもサロン運営では重要となります。

 

厚生年金など社会保険に加入すると人件費が高騰し経営を圧迫するという意見を聞いたことがあります。

しかし、スタッフが安心して長く働ける環境のサロンは、お客様も長く通って頂けるし、広告宣伝費もほとんどかからないことを私は経験として知っています。

結局、どこにエネルギーを注ぐかだけの話だと思うのです。

 

いま私にできること

ママ美容師の復職支援というと、ついつい雇用形態や待遇面ばかりに気を取られてしまいがちです。

しかし、本当は精神的な安心感や周りのスタッフ達の受け入れ態勢などメンタル面を支援することが最優先課題なのです。

ブランクがある美容師は、サロンという第一線に戻る時、ブランクがあっても働けるだろうか?と不安を抱えています。

さらに子連れ出勤となると、お客様や他のスタッフに迷惑になるのではないかと劣等感も感じます。

通勤中など、電車内でも他の乗客に迷惑になっているだろうと罪悪感も感じてしまうものです。

 

サロンは社員とお客様が幸せを体現できる場所です。

その場では、スタッフがありのままの自分のチカラを発揮して立つことが望ましいです。

 

そのために、美容師として、経営者として、いま私にできることは、そう多くはありません。

スタッフのこと、お客様のこと、そしてサロンに関係する人たちのこと。

その人たちの想いを受け止め、バランスをとることが今の私にできることだと思っています。

 

なにより、私自身の進む方向が、自分の中で腑に落ちてワクワクする未来に繋がっています。

 

 

新しいスタッフの名前は渡邉千愛(わたなべ ちあき)と言います。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

それでは、また。

【いいね!・シェアはこちらから】