伸び代を見つける #美容室経営 #人材育成

【いいね!・シェアはこちらから】

みなさん、こんにちは。

代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

Splashもオープン19年目になりました。

 

本来の自分

お客様から

「スプラッシュのスタッフさんは、みんな長く勤めているよね。きっと働きやすいんでしょうね。」

と言われます。

「みんな感じが良くて、楽しそうに働いてるね。」

とも言われます。

経営者として、とても嬉しい言葉です。

 

スタッフ達はそれぞれ個性を持っています。

サロンに入店した時は、なかなか自分の個性を発揮できませんがサロンの一員として数年経過すると、本来の自分を思い出してきて表情が変化してくるのです。

 

本来の自分とは、

「喜んでいただくコトが喜び」

という自分が美容師を目指した頃の純粋な気持ちです。

 

意識の中にある純粋な部分が表情に現れるのです。

すると行動が変化してきます。

 

 

自主性と創造性

スタッフたちは自分でも気がついていない伸び代を持っています。

一人一人の得意分野や伸び代を見つけることで、更に個性が光りはじめます。

 

もしもサロンの代表である私自身が「こうあるべきだ」という思考に囚われていると、スタッフたちやサロンの多様性が失われてしまいます。

だからこそ、私はスタッフそれぞれの良い所を見るようにしています。

 

それはなぜかというと、意識を向けたところが拡大していくからです。

するとスタッフたちの心の中に自主性と創造性が膨らみます。

 

名も無き者の言葉

こんな言葉があります。

「ある者は木を植え、ある者は木を育て、ある者は木を製材し、ある者は家を建てる。その家には人々が集まり、それぞれを讃え合う。」

 

誰の言葉かというと、私の言葉です(笑)

 

サロンもオープン19年目になり、スタッフたちもすくすく成長を続けています。

それでも、まだまだ伸び代があります。

 

自主性と創造性が大事だと実感している、今日この頃です。

 

それでは、また。

【いいね!・シェアはこちらから】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください