スタッフの人間関係で起こる問題 #人材育成

【いいね!・シェアはこちらから】

みなさん、こんにちは。
代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

※小林誠の自己紹介はコチラ

 

今年もあと一ヶ月もするとクリスマスがやってきて、そして年末となります。

ほんと一年はあっという間ですね。

うっかりすると、一気に三年くらい経過してしまいそうですね(^^;;


●人間関係のバランス

「小林さん、Splashさんは女性スタッフさんばっかりですけど、スタッフ間の人間関係のバランスはどのようにとっているのですか?」

取材時にこのような質問を受けたことが数回あります。

私は「人間関係が悪くなったり、派閥ができたりした事はほとんどありません。」と答えます。

 

それって本当?

 

私は出勤する前に、店長のtomoneか佐野由梨子に必ず電話をします。

その際、前日からの申し送りや、私がサロンのこと、スタッフのこと、お客様のこと、サービスやおもてなしに関して気になっているコトを伝えます。

そして相談を受けたりもします。

時には10分程度の話になることもあります。

 

取材時にも言いますが、毎朝上司と電話するのですから

スタッフにしてみたら・・・

「ウザいですよね」

 

●スタッフたちとの貴重な時間

営業時間になり、サロンワークが始まってしまうと、店長はおろか、他のスタッフたちとも膝を突き合わせてじっくり話せる時間は、夜までありません。

朝の電話は、スタッフたちとの貴重な時間となります。

とても大切な時間です。

 

電話では、スタッフ同士の問題はもちろんですが、

「〇〇ちゃんが最近元気がないんです」とか「〇〇ちゃんが少し調子が悪いみたいです」

と報告を受けたりします。

逆に私の方から

「最近〇〇ちゃんの顔色がすぐれないけど何か悩みでもあるのかな?」

と相談したりします。

 

その時、話題に上ったことは、必ずその日のうちに解決できるようにします。

特に、スタッフたちの心の問題は。

 

ちっちゃな悩みをそのまま放置すると、後で必ず大きな問題として現れます。

だからこそ、スタッフたちが少しでも心の中に引っかかるコトがある場合は、サロン内で最優先事項として解決していきます。

 

今にして思うと、こういうメンタルケアがあったからこそ、スタッフたちが長く働ける環境のカタチができあがってきたように思います。

そんな風に私は意識的に、サロン内の人間関係のバランスをとっています。

 

●では問題は起こらないのか?

スタッフたちのメンタルケアを全員で取り組んでいても、全く問題が起こらないわけではありません。

サロンに複数の人間がいれば、それなりにお互いのコミュニケーション不足により、人間関係で問題が起こることがあります。

 

営業時間内でお客様がいらっしゃる場合は、スタッフたちの心はお客様に向かいます。

スタッフ間で、自分がどう思っているか、相手に伝えられず、なかなかコミュニケーションが取れない・・・

そんな時に、心の行き違いが起こることがあります。

一方に悪気はなくても、不信感が出たりします。

 

だからこそ、メンタルケアが重要だし、心の教育により心の充実が必要となります。

 

●拡大よりも充実を

心が充実してくると不安がなくなるんですね。

不安がないという視点から物事を見ることができるので、お客様が喜ぶこと、他のスタッフが喜ぶこと、利他的な発想ができるようになります。

自分の周りの人たちの幸せを願える心が育ちます。

 

逆に、心が不安な状態では視野が狭くなり、自己顕示欲ばかりが強くなり、自分の保身を第一に考えてしまいます。

 

本来、自己顕示欲とは、自分を高めようという前向きな欲望なのですが、ついつい他人に見せたくなってしまい、自分自分と自己主張が強くなり、自己顕示欲を間違えた方向に使ってしまいます。

だから厄介なのです。

どんな業種でもそうですけど、自己顕示欲ばかり強くて利己的な店は繁盛しないです。

 

お客様はサロンに入った瞬間に、全てを察知します。

全てわかってしまうんですね。

 

だから、周りがどうだとか、誰かにあんなことを言われたとか、そういうことを気にする前に、まず自分の精神を充実させることが大切なんですね。

 自分の周りにいる人の顔が光り輝いているかどうか。

それで自分の心の充実度を測ることができます。

●幸せを体現できるサロン

「お互いの長所を認め合い、お互いの短所を補い合いながら一つのコトに取り組むことができる。これが、Splashというサロンが長い間繁盛できている秘訣なんだよ」

と改めてスタッフを前に話しました。

 

Splashに天才プレーヤーはいないです。

しかし、お客様にとって希望が叶う心地良いサロンは、スタッフたちのチカラを結集すれば作ることができます。

 

スタッフたちとお客様が「幸せを体現できるサロン」を創る。

私が行く場所行く場所で「幸せを体現できる」ようになること。

たくさんの人たちと協働して進んでくこと。

これが私の天命だと常々感じています。

 

それでは、また(^^)

【いいね!・シェアはこちらから】

新規獲得に奔走しないのに、攻める資金が手に入るサロン経営

【いいね!・シェアはこちらから】

みなさん、こんにちは。
代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

 

サロンの定休日にセミナーを受講してきました。

「新規獲得に奔走しないのに、攻める資金が手に入るサロン経営」というセミナーです。

講師は、株式会社ノグチ経理相談室の野口タカ子先生。

共同主催は、株式会社はぴっくの眞喜屋実行さん。

●自己流になっていた

私自身、普段から売上げや経費に関する数字を税理士さんから細かく出していただいていますが、その数字をどのように活かして行けば良いかと自分自身でも半信半疑な部分がありました。

Splashもオープンして16年、今まで自己流になっていた経費の使い所やキャッシュフローに関して、もう一度見直してみたいと前々から思っていた時に、ナイスタイミングで眞喜屋さんからお誘いを受けました。

 

今回は平日のセミナーということもあり、少人数でとっても濃密でした。

 

受講後はなんと!

セミナー受講書の授与式。

 

和服姿が素敵な野口先生と一緒に記念撮影。

優しい語り口でわかりやすく話してくださる聡明な先生です。

 

今回、このセミナーを受講してみて改めて感じたことがあります。

 

●つながりとコト

これから人口減少の時代は「つながり」をメインにした営業、経営が大切。

「モノからコトへ」と言われるようになり久しいです。

では、実際に自分が立っている場所でのコト価値とは?

その辺りが明確になり、私の頭の中にあった点と点が一本の線として繋がった気がしました。

そしてお金の流れのどこに注目していくといいのか。

更には、新規集客や既存のお客様に関してのチカラのバランス。

 

セミナー中、お話を聞いている時に、2、3個のアイディアが浮かびました。

さっそくサロンでスタッフたちと共有して、新しいコトを起こしていこうと、決めました。

 

私が目指すのは「社員とお客様が幸せを体現できるサロン」です(^^)

 

楽しいセミナーでした。

ありがとうございました。

【いいね!・シェアはこちらから】

スタッフが一生働ける環境かどうか

【いいね!・シェアはこちらから】

みなさん、こんにちは。
代々木八幡 美容室スプラッシュの小林誠です。

残暑厳しいですが、風は秋風で爽やかですね。
今年の夏は雨が多かったので、晴れた日は気持ちいいです。

 

●業界誌の取材

8月の初めに美容業界誌「サロンオーナー(理美容教育出版)」の取材を受けました。

「サロンオーナー」さんの取材は、3度目となります。

今回の取材内容は、組織内(サロン内)での人材活用と分業に関してでした。

 

私の場合、組織論を聞かれた時に、とてもシンプルに考えていることをお伝えします。

スタッフたちが共通の目的を持ち、お互いに助け合いながら共感共有しながら一緒に成長して行くという感じです。

 

では、その私の組織論というと大袈裟ですが、

チームの行動指針を「問いかけ」として、簡単な言葉で書いてみます。

1,スプラッシュの行き先はどこなのか?(共通の目的)

2,スタッフ同士で協働するために自分に何ができるのか?(お互いを尊重する意思)

3,お互いの想いや心を共有するためには何が必要か?(お互いに認め合うコミュニケーション能力)

 

サロンオーナーの記事の中でもお話しさせていただきましたが、自分の未来像を明確にして安心して働くことができるサロンかどうかはもちろん。

スタッフが一生働ける環境かどうかが大切だと思っています。

 

編集者さんのライティングのおかげで私の拙い話が、とっても良い記事になっています。

ぜひ読んでみてください。

http://www.fujisan.co.jp/product/1281690202/new/

 

 

●写真撮影

取材を受ける事はとっても嬉しい事なのですが、一つだけ問題があります。

それは、取材時には必ず写真撮影があるという事です。

しかも私自身の写真です。

 

「笑顔でお願いします。」

「腕を組んでみましょうか。」

と編集者さんから笑顔で指示があるのですが、、

笑顔は硬くなり、肩に力が入ってしまいます。

これからはキメ顔の練習のしていかなきゃなぁ〜と、少しだけ思います。

少しだけ。

 

●他のサロンさんから教えられる

今回は美容業界誌の取材でした。

理美容教育出版さんから製本されたサロンオーナー10月号を贈呈していただきました。

 

今回の巻頭特集では、Splashの他に3つのサロンさんの記事が掲載されていました。

私としては、他のサロンさんの記事がとても参考になります。

同じ人材育成やサロン内での分業に関しての内容なので、私自身が取り組んでいない部分なども、他のサロンさんでは取り組まれていたりして「なるほど、なるほど」と頷きながら読みました。

特に複数の店舗を運営されている経営者の方の意見など、とても参考になりました。

他のサロンさんから教えていただける事もとても多いです。

 


●色々なサロンさんと情報共有

今後は、自社で開催している私のワークショップでも、人材育成や人材確保の取り組みなどに関して、色々なサロンさんと情報共有したいと考えています。

私からの一方的なセミナーというカタチではなく、ワークショップというカタチで、みなさんと情報共有したいと思います。

 

特に求人のことを含めた人材育成に関しては、需要があるように感じています。

みなさん、どうですか?

 

それでは、また。

 

【いいね!・シェアはこちらから】